知ったかジレッタントのお祭り

ときに偉そうに、ときに悲しげにカルチャーを綴ります

UTAU 大貫妙子×坂本龍一

onukitaeko.jpg

先月に発売すると知って、ものすごく楽しみにしていたアルバム。久々に発売を心待ちにするポップスのCDだった。

発売当日の午前に購入し、午後は3時間ほど聴き込んだ。2枚組とはいえ、ジャズや即興意外で3時間聴き込んだのは20年ぶりくらいではないだろうか?

陽も落ちる6時くらいになると、西に沈む太陽を見た。

雲がところどころまだらになった夕焼けだった。

いてもいられなくなって、外に出た。

近くの公園へ向かう。手には写真機(IXY70)を持っていた。

以前から、惹かれていた、公園の向こう側にある教会の十字架。

日が暮れると、十字架は灯りに照らされて、夕闇に浮かぶ。

写真を撮りたい衝動にかられたのは、生まれて初めてだった。

本業のブログの写真は、読者サービスのための義務感100%の作品ばかりで、仕方なく撮っているのが本当のところだ。前に作っていたブログも写真を撮るのが嫌で、最後の方は作風が荒れていた。

写真機を持ちながら、自分でも驚いていた。

十字架には灯りが点いておらず、撮るのを断念したものの、あの写真を撮りたいという衝動は何なのだったか?

これが音楽のもつ力なのか?