読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ったかジレッタントのお祭り

ときに偉そうに、ときに悲しげにカルチャーを綴ります

洋服のことなど⑤

最初の話に戻りたいが、もうこれで十分だと思う。

今回の話題に関して言えば、何が重要で何を話すべきかというのは、本当は真に意味があることではない。

アメリカンカジュアルウェアの変遷があり、現在の状況がある。それで十分なのだ。

今書いたことは、表向きは業界ではタブーであると思う。

ただ、それは素晴らしい意図的な誤謬(intentional fallacy)なのだ。同時にenigmaでもあり続けている。

虐げられたものの神話(myth)は、闇の中で相互に影響を与えながら、高貴なものへと昇華していく。

これこそが、ワークウェアに代表されるアメリカンカジュアルウェアに見られる寓意性であり、精神性(Geist)なのである。