知ったかジレッタントのお祭り

ときに偉そうに、ときに悲しげにカルチャーを綴ります

ナイン

最近は、妻の趣味に合うような映画を借りてきては、見ている。

今見ているのは、ナイン。

一人では、絶対に見ないような映画。

これ見るならば、もう一回「副王家の一族」を見たいし、「カチンの森」を途中で妻に遮られたので、カチンの森も見たい。

それは、ともかく。

これって、もろフェデリコ・フェリーニじゃないか!

妻は、フェリーニを知らないので、今度借りてきてみせよう。

インテルビスタやオーケストラリハーサルなんかを見れば、びっくりするよ。

もうひとつ、フェリーニじゃないかと思ったのが、「脳内ニューヨーク」の巨大撮影セットの場面。

あれも、フェリーニだよね。テオ・アンゲロプロスっぽいところもある。

ナインは、ショービズを混ぜ合わせて、普通のひとが見やすくしているのがミソ。

そう考えると、やっぱりフェリーニは偉大だ。