知ったかジレッタントのお祭り

ときに偉そうに、ときに悲しげにカルチャーを綴ります

おことわり

「ミーハー」という言葉を、西洋の言語に翻訳するのに、いろいろあったみたいだ。

かつて来日中のブルーノ・タウト日光東照宮を見て、「キッチュ」と表現したため、反発した日本国内の勢力があったという。

確かに、広辞苑などをみると、「キッチュ」の意味は、「いかもの」とされているため、ネガティブな表現がするよね。

でも、タウトが活躍した1930年代はともかく、現代では、「キッチュ」という言葉は、現代アートやファッションなどカルチャーの評論などに用いられており、100%マイナスイメージはないんだよ。

「ミーハー」という言葉も、昔は「ミーちゃん、ハーちゃん」と言う差別的な用語だったけれど、今は違うよね。

すでに、使われていない言葉というか、死語に近い。

それでも、というかだからこそ「知的ミーハー」という言い回しをしたり、「音楽的にはミーハー」という風に使ったりする。これが本当のところだよ。

オレの中では、「ミーハー」=「オープンマインド」という意味なんだ。

例えば、武満徹は、フュージョンやロック、ポップス、民族音楽などのヘビーリスナーだったことは、ファンの間で知られていることだけど、オレから言わせると、その姿勢は、「ミーハー」だ。

武満徹=ミーハー。

要するにこういうこと。分かった?