知ったかジレッタントのお祭り

ときに偉そうに、ときに悲しげにカルチャーを綴ります

Soren Hansen

12053.jpg

Soren HansenのCanada Chair。

Soren Hansenは、デンマークの世界的な家具メーカー、Fritz Hansenの元社長(1955年-1975年)。指物技術士の資格を持っている、職人的なデザイナーだった。

以上は、織田憲嗣著の「デンマークの椅子」(光琳社出版・初版)からの情報。

背がスポーク上のタイプは北欧のサイトでもよく見かけるけれど、なぜか値が手ごろ。評価が低いのかな?

ちなみに、この椅子は、1500デンマーククローネ。

はっきり言って、安すぎるよね。

デンマークの椅子」に載っていたのは(75P)、背がラミネートの一枚板で覆われていて、両側に支柱が通っている。なんでも、二人掛けもデザインされたそうで、10年くらいウエブで見つけているんだけれど、出てこない。

スキャンしようと思ったんだけど、本の綴代が傷んでいるのでパス。

このラミネート型を見て妄想をしているのだ。

今持っている、ArkaやSibboとの相性でいえば、ばっちり。

二人掛けならば、AXの3人掛けとも合いそう。

最近、メタルやプラスチックよりも、木の風合いに惹かれてしまう。

これは紛れもなく、オランダのショップサイトの影響かも。WonderWoodっていうショップは、木のプロダクトしか扱っていない。

WonderWood

ブックマークして10年くらいになるけれど、最初はピンとこなかった。けれど、今は旬だね。

木の椅子は、座っているとお尻が痛くなるという人もいる。でも、それは偏見だと思う。デザイナーは、すわり心地も計算しているしね。