知ったかジレッタントのお祭り

ときに偉そうに、ときに悲しげにカルチャーを綴ります

ユーミン再生プロジェクト

BS-hi「生誕200年 みんなのショパン

前の記事で、続けて書こうと思ったのだけれど、あの流れでは、さすがに顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまう。

でもやっぱり書きたい、ユーミンのこと。

番組中に、松任谷由実が録画インタビューで出ていて、ショパンの楽曲をキーボードを使ってアナリゼしていた。

インタビュー直後にスタジオが映されたのだが、すかさず、清水ミチコユーミンのマネをして、思いっきりおちょくっていた。

ユーミンの大ファンだし、清水ミチコの物真似も好き。

でも、聞くところによると、ユーミン清水ミチコと対面するのを嫌がっているという。

確かに、あのマネには、「悪意」を感じる。楽しいけど。

それはともかく、ユーミンは最近CDの売上が以前よりもよろしくないらしい。

年末商戦でCD売っていたころが頂点だったのか。

ここは、「ユーミン再生プロジェクト」と題したオペレーションを開始するしかないのでは、と思う。

マスを相手にしないで、音楽史に残るようなCDアルバムを作れば良い。

ユーミン再生プロジェクト要旨)

【音楽環境】

山に籠る。

売上やプロモーションのことは、全部忘れて、自然に身を委ねる。

そこで過ごして、自然に湧き出た力で曲を作る。

スケジュールなど気にせず、インスピレーションがあった時にだけ作る。

あとは、待つ。降りてくるのを。

降りてきたら、即座に録音する。

【ミュージシャン】

譜面はもちろん、即興に強い音楽家を同伴する。

ギター

ピアノ

ベース

ドラムス

ここらへんかな。

音楽が降りてきたら、すぐに絶対に対応できるようなミュージシャンたち。っているんですよ。

【パブリシティ】

ピアノをヘリコプターで山小屋まで運ぶ。

ピアノは、ハンブルグスタインウエイ? ニューヨークスタインウエイ?

これを実況中継するか、動画で録音してマスに流す⇒広告会社が喜ぶネタ⇒「ユーミンが山に籠って録音」⇒これも広告会社が喜ぶネタ

作曲や録音の画像は撮らない。これ鉄則。マスを意識してしまうから。

彼女の音楽的な才能だけを拠り所にして、制作は進むのである。

でも、だんな様の、正隆氏は怒るだろうな。アレンジする隙間がないからね。

というわけでボツか?

その前に、私ってそんな人脈あったの?

単なる妄想でした。